日本ウレタン工業協会(JUII) 概要

日本ウレタン工業協会(Japan Urethan Industries Institute)は、ウレタンフォーム工業会(Japan Urethane Foam Association)とウレタン原料工業会(Japan Urethane Raw Materials Association)の両者で組織した団体で、1971年(昭和46年)6月に設立されました。

原料からフォーム製品まで幅広くポリウレタン産業に関する安全,環境,技術の課題、省エネルギーへの取り組み、広報活動等々を共通の認識のもとに事業を行っています。

主な活動は次の通りです。

日本ウレタン工業協会(JUII)の主な取り組み

1.製品安全対策委員会

  • ポリウレタン製品の安全性(食品衛生関係,労働作業環境関係,建築)に関する調査・検証活動を行っています。

2.火災問題対策委員会

  • PUR(ポリウレタン)関連の火災問題対策として、他樹脂を含め燃焼ガス有害性試験を実施し安全性を含め確認を行い、リーフレット及びガイダンスを作成し、PRを行っています。
  • 特にアジア地区の火災問題対策として、英訳冊子等を作成し、海外へのPR対策を行っています。・・欧・米・アジア;ポリウレタングローバルミーティングでも提唱。

3.発泡剤委員会

  • HFC排出削減自主行動計画の目標設定及びその見直し実施
  • ノンフロン化の推進(METI;オゾン室の指導のもと削減行動計画を推進)
  • 会員に対しフロンに替わる新発泡剤に関しての評価・採用促進。

4.情報委員会

  • PUR関連の 火災,リサイクル,製品の安全・環境問題の海外を含めた情報収集を行い、情報公開及び共有化を実施しています。
  • 国内で消費されるポリウレタンフォーム(軟質・硬質)の用途・分野別数量(トン)推定しリサイクル数量及び廃棄数量のバンク量を推定。
 

5.海外のポリウレタン業会との交流
(ポリウレタン産業に関する環境・安全等の問題点についての情報交換)

  • 欧・米・アジア、ポリウレタングローバルミーティング
    会議開催 1回/年 メンバー:ISOPA/ACC(CPI)/日本/韓国/中国/インド/タイ海外ポリウレタン関連協会との技術交流

協会概要

ページのトップ