軟質ウレタンフォームとは

工場では軟質ポリウレタンフォームはどのような方法で製造するのですか?

製造工場では「スラブ」又は「モールド」品の形で製造します。
「スラブ」品は、コンベアーと連動したシート上に混合原液を流して発泡し、長さ2m程度の短尺ブロックあるいは60m程度の長尺ブロックに切り出します。通常、幅1〜2m、高さ0.3〜1mの断面が角状またはカマボコ状に連続発泡させた後、短尺ブロックは加工所にて種々の形状に裁断加工され、長尺ブロックはスライサーにて1~15mm厚にスライスして表皮材と張り合わせ、モールド品のシートクッションのカバー材などとして利用されます。
また、「モールド」品はある種の製品形状をしたプラスチック又は金属製の型(モールド)内に原液を注入して発泡・硬化させた後、型から取り出して成形品とするもので、複雑な形状の製品でも寸法精度良く大量に成形することが可能な製造方法であります。

Q&A

ページのトップ