燃焼特性

ウレタンフォームとイソシアヌレートフォームの違いは何ですか。

イソシアヌレートフォームは、過剰量のイソシアネートと特殊触媒を用いて一部イソシアヌレート環状構造にすることで、耐炎性や耐熱性を高めています。この環状構造を多く含めば、それだけ燃えにくくなりますが、欠点として脆くなりやすく実用に耐えられなくなります。そこでウレタンの良さを生かしたウレタン変成イソシアヌレートフォームが実際には使用されています。これを一般にイソシアヌレートフォームと呼んでいます。

イソシアヌレートフォーム

ウレタンフォームとイソシアヌレートフォームの燃焼性の差は明らかで、以下のような試験比較データがあります。イソシアヌレートフォームは燃えにくく、ウレタンフォームに比べて発熱量、発熱速度は小さくなっています。

発熱量、発熱速度

引用文献:
1) コーンカロリーメータ試験 PB Report92-123033,p.88(1991)
2) OSU試験 Journal of Thermal Insulation,6,169(1983)

Q&A

ページのトップ