火災における現象

火災時に起こるフラッシュオーバーとは、どのような現象ですか。 ウレタンフォームでの火災の場合にも起こるのですか。

フラッシュオーバーとは、火災によって発生した熱が建物内に蓄積され、天井、側壁、家具などの可燃物が加熱され、燃焼しやすい状態になり、部屋全体が一度に燃え出し、急速に燃焼拡大する現象です。(参照)

室内の家具などの可燃物が燃焼しやすければ、火災が早期に拡大してフラッシュオーバ一現象が起きやすくなるので、内装材料を含めた壁や天井などの可燃物の燃焼性状もフラッシュオーバーに大きく影響します。

ウレタンフォームについても一般可燃物と周様に、火災が拡大した場合にはフラッシュオーバーが発生します。下の写真は実大スケールの試験の例です。

ISO9705 ルームコーナーテストでのフラッシュオーバー現象

ISO9705 ルームコーナーテストでのフラッシュオーバー現象

Q&A

ページのトップ